展覧会への招待

Exhibition previews & reviews

長岡絢美 のプレビュー&レビュー一覧
  • 2009年9月 4日~2009年9月 8日
  • 長岡絢美 展
  • Exhibition of NAGAOKA Ami / しぶや黒田陶苑 (東京都渋谷区渋谷 TEL.03-3499-3235)

 店によると、本展の初日、皿やカップ類などにとくに人気が集まり、どっと売れてしまったという。これらの手捻りによる染付磁器の器の背後には、こうした多くのファンがいるようなのだ。
 磁器に特有な冷たさや堅苦しさを少し遠ざけ、一方で、素材の持つ清潔感や器としての使いやすさを活かして作りたいと、作者・長岡絢美(ながおか あみ)氏はいう。その結果として、手捻りか、また外枠に型を使った半手捻りのような手法によって成形されている。だからもちろん、いずれの作も素地表面はデコボコと波打っていて、作者の淡い体温が伝わってくるようだ。だが、それらの動きや手跡が強調されるようなことは決してなく、むしろ微かな、密やかな揺れというほどに意識的に抑制されている点に共感が生まれ、それは見ていての心地よさにつながっていくと感じられる。
 これらの作のもうひとつの大きな特色は、染付による絵付だ。独特な詩的な叙情があり、作者の感受性がそのまま絵となり、造形と一体になって、ひとつの物語を紡いでいく。
 たとえば朝日、月、夜空、また流れる川や風、あるいは罌粟(けし)、夕顔などの花々、蟻、蜂、魚、鳥......そして馬かキリンのような空想的な動物など、絵のモチーフは実に多彩だ。そこに、これまで見てきた古今東西の美術品や美しい光景などの記憶が渾然と交わり、しかもそれぞれに物語が封じ込められたような絵付が展開され、「染付絵本」とでも呼びたいほどのストーリーが感じられる独特のものだ。
 月の満ち欠けが組み皿のうえでデザイン化されて描かれていたり、張りつめた空気の夜空に、天の川のような幻想的な風景が広がる大皿もある。なかには、馬がひとりで草原を歩いているような絵付もあるが、そのどれにも時間の経過までもが描き込まれているように感じられ、だから見る側一人ひとりがその人なりの物語を想像してしまうのだろう。そしてかならず、さぞやこれらの器が食卓に上れば、きっと楽しい夕食になるだろうとも思わせるのだ。
 可塑性のある瀬戸産の磁器土に、かつて京都の老舗で入手したという呉須を用い、詩情あふれる絵付を神奈川県の海辺の街で施し、焼いている。手捻りの磁器による「染付絵本」が、今後、どのような筋立てになっていくかは、作者にも分からないかも知れない。でもどうせなら、この染付物語の先までを見通してみたいと思わせる、意欲的な新作展だった。

 

上左●「高台大皿 罌粟」(発表価格=126,000円) 上右●エスプレッソが美味しく飲めそうな、魅力たっぷりの「デミカップ」(発表価格=15,750円)。

1946年京都生まれ。高取、京都などで修業の後、71年に独立。86年に神奈川県・二宮町に築窯、以降、当地を制作の拠点としている。
外側を型成形した「汲み出し」(右)は削りを少なくし、バリがそのまま残されているのも一興だ。
月の満ち欠けがデザイン化されて描かれた組皿。こんな皿を使っての食事なら、子供から大人まで誰でもが楽しめそう。
小品まで含めて100点(組)ほどの新作が並んだ会場では、観客は作品に触発され、それぞれの物語を空想しながら見ているようだった。