展覧会への招待

Exhibition previews & reviews

浜坂尚子 のプレビュー&レビュー一覧

 会場となったギャラリーは、2部屋に別れて展示スペースがある。本展のサブタイトルにあるように、一方の「しろのへや」には約100点の無彩色の磁器の器が並べられ、もうひと部屋の「いろのへや」には、化粧土と上絵による作品が展示されていた。どちらの作も、磁器素材に固有の冷たさがほとんどなく、ほわほわと立ち昇る微熱のようなものすら感じられた。武蔵野市に生まれ、現在は愛知県常滑市で制作する浜坂尚子氏の新作展だ。
 「しろ」の出品作は、型による成形が中心ではあるが、とはいえシンメトリーな器形をほとんど採用していない。多少の歪みや手跡などが適度に残るように意識的に処理された、汲み出しのようなカップ、あるいはぐい呑位のサイズのカップ、鉢、小皿類が並べられていた。表面の装飾は雄弁でなく、かつ寡黙でもない程度に個性的なのも、「しろ」の作の特徴となっているようだった。
 他方の「いろ」の作は、主な成形法は型とロクロ。器種としては、皿や鉢などに、種々のカップ類などおよそ120点ほど。彩色は下絵では化粧土を筆を使って色が塗られるように描かれ、後にさらに上絵が施されていく。下絵によって大胆に、即興的に色が加えられ、一転、上絵では可愛らしく精細な絵が丁寧に描かれる。いずれの作も、どこの家の食卓上の、どんな器とも共存できそうな親和力があり、とはいえ、それなりの個性も主張する作だと見える。際立った自己主張はしないが、作者の体温がじわりと伝わるほどにオーガニックなのである。こられの作を見ていて感じるほどよい心地よさは、そんなところから発せられているのでは、と春の風に吹かれながら思った。

上左●型によって成形されたティーポットとカップ。表面の装飾は過不足なく、心地よい暖かみが感じられる磁器だ。
上右●抑えられた優しい色が好んで使われていて、見るとすぐに使ってみたいと思わせる。

誰にでも、すぐに受け入れられそうな作が並ぶ「しろのへや」。この人懐っこさも浜坂作品の特徴のひとつだ。
こんな「ティーポット」をドンと置いておけば、自慢の装飾品になりそう。彩色の作品は小サイズのカップや鉢なら3,000円代から。
このサイズ位の作ならまだ2,000円前後で入手でき、お買い得感がある。実用性と楽しさが併存している作品だ。
作者は武蔵野市生まれ。武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン学科を卒業し、後、常滑市に移り制作を続けている。