展覧会への招待

Exhibition previews & reviews

森野彰人 のプレビュー&レビュー一覧

 京都の陶家に生まれて、いわゆる「第3世代」といわれる作家・山田晶(YAMADA Akira)、藤平寧(FUJIHIRA Yasushi)、森野彰人(MORINO Akito)各氏による3人展が開かれている。この3作家は関西の陶芸界を牽引するであろう、あるいは、少なからず影響を与えているいずれも中堅の実力派であり、しかも今回の顔合わせによる発表ははじめてということも手伝ってか、会期前から高い関心を集めていた。
 山田氏と藤平氏に聞いたところによれば、3人はそれなりに親しい関係でありながら、だが密着するほどの仲でなし、ほどよい距離感を隔てた間柄が、作品制作にあたっても適度な刺激と緊張感を生じさせたようだった。
 さて出品作の中身はといえば、藤平寧氏は危うい、はかな気な雰囲気を持つ独自な器表現にいよいよ長けてきたように感じられた。刺や突起といった以前からの造形的な特徴は、近年はやや抑制され、むしろシンプルな軽やかさが加味され強調された。そしてそこに、わずかながらの歪みや窪みなどが認められ、有機的な揺れを伴う薄く軽やかな器が抱え込む情緒性、つまり、この作り手ならではの繊細さが震えるように、刺さるように見る側に伝わってきて秀逸だ。
 森野氏の作は、ロクロで挽きあげた曲線を強く意識したであろう作が多く見られた。それらの描くカーブはもちろんとても美しいのだが、それよりもとくに装飾に個性が際立っていた。たとえば、細い線による掻落しや、穿たれた小さな孔などに見られるように、微細な作業を丹念に積み上げ、結局、全体としては特異な装飾的効果にまで持ち上げていくという、独特な手法を採る。そしてそこには、稀な緊張が生まれていることが多いのだ。それはオブジェの装飾でも変わらないこの作者らしさだと、改めて感じられた。
 このところ「猩々緋」という技法で作品作りを進めている山田晶氏の作は、見た目のインパクトからか、多くの観客の耳目を集めていたようだった。この手法を基本に置き、造形と他の技法などを複合的に組み合わせて展開させ、「猩々緋」は円熟期を迎えつつあるようにも感じられた。この技法は(別稿を参照のこと)ここでは詳述しないが、複雑で、執拗な過程を経て、やっと独創的なテクスチャーと効果を得ていることに注目したい。
 3作者に共通の技法を強いて挙げれば、金彩・銀彩が使われているところだろう。しかし、その味わいがまったく違うところにむしろ深い関心をもって見られた。また出品作を総じていえば、代々の陶家に生まれたとはいえ、古物を写したような作柄はまったくなく、反対に昨今流行の器のスタイルを追随する様子ももちろん見られない。どちらかといえば、器は制約が多く個性が打ち出しにくいテーマではあるが、出品作を見る限り、作者としての意志が鮮明に感じられ、結果として独創的な器を作って提示している点で、作者らのプロ意識、または気概のようなものが感じられた展覧だった。

上左●薄く、軽やかに作られる藤平寧氏の作には、哀愁さえ感じられることがあって不思議だ。
上右●左より作者の山田晶、藤平寧各氏。良きライバルでありながら、作者らの間には互いに心地よい刺激があるという。

「猩々緋」という技法によって作られた山田晶氏の作には、漆のような質感がある。
今にもふわりと浮かび揚がりそうな、独特な軽やかさがある藤平氏の作品。
森野彰人氏の作(前)は、とくにフォルムの美しさが印象深い。広々した会場には、小品まで含めて各作者60~70点ほどの作品が展示されていた。
 展示されている作品の端々には、キラキラと輝いて見えるものがある。なんだろう? ネール・アートなどに使われるジルコニアを使ったのだという。そう聞いていて、しかつめらしく異種素材の利用だとか、焼いていないなどという意見もあるだろうが、工芸品として考えれば、こんなデコレーションだってあり、と作者は考えたらしい。それは余裕から生まれた、ちょっとした児戯の一種と捉えられないこともない。それよりむしろ、壁に取り付けられた三味線のような、あるいはバンジョー形をした、鋳込み成形による磁器のオブジェには、まったくの独自性があって興味深い。未知の惑星の地中から掘り出されたもののような、風変わりな気配を濃厚に漂わす。ここには当然ながら、作者のあらゆる興味とこれまでの視覚的記憶の凝縮が窺え、それらがとてもスマートに造形化されていると感じた。壁面に掛けるタイプのオブジェを長く作り続けてきた森野彰人氏ならではの仕事だと、納得させられる内容の展観だった。
左●会場のあちこちが星の瞬きのようにキラキラと輝いていた。右●バンジョーの形をした磁器のオブジェ。壁面のオブジェは30万円台の発表価格。
小品の筥なら44,100円、青白磁の酒杯は15,750円だった。
穴の開いた器は、若手陶芸家の安易な器作りに対するアンチテーゼでもある。
磁器の蓋ものにもジルコニアが輝いていた。
母校・京都芸大では後進の指導にもあたる作者・森野彰人氏。