検索結果

山田 和

知られざる魯山人
 早くから書や篆刻に秀で、後に、陶芸家として名を成した北大路魯山人(1883-1959)の作品に惚れ込み、人生の師と仰いでいたという著者の父は、地方紙の記者などをしながら、魯山人作品の頒布会等を開き、親しく接していたという。そんな環境に幼・少年期を過ごした著者自身にとっても、後年、魯山人の作は望郷の念に重なり...