展覧会への招待

Exhibition previews & reviews

レギーナ アルテール のプレビュー&レビュー一覧

 日頃から、互いを尊重し干渉し合わずに作り、活動している夫婦陶芸家による2人展が開かれ、盛況だった。
 会場には、ともに半磁器土による、またガラスを使った明るく、軽やかな気分にさせられる器ばかりが展示されていた。なぜ、そんな印象を持つのだろうかと、その意味を探しながら一巡すると、日本の伝統的なやきものを基点にしたような形や模様がないからだと見当がつく。どれも自由な発想に基づいた個性的な形で、しかもポップな装飾が施された器ばかりだ。
 特徴ある象形文字にも似た絵付や、弾むような水玉模様がつけられた鉢や花入は、使うことを思っただけで気分が華やぐような前川氏の作品だ。一方、レギーナ氏の作は実用を伴わない造形作品のようでありながら、たとえば、花入として使えるように口が付けられているなど意外性がある。絵付はパステルトーンの抽象絵画調で、すぐにでもリビンクに置いてみたくなるほどに誘惑する。ふたりはともに、やきものを見るよりも絵画などにより強い関心があるという。だが、今の時代を強く呼吸する、これらの個性的な器が生まれる本当の理由は、どこにあるのかはよく分からないままだ。それもこれらの作品の、魅力の一片かも知れないと思う。

左●個性がぶつかるようでいながら、互いに響き合うようにも見えるふたりの作品。右●2009年にはスイスで2人展を開催する予定。

 

自由な遊び心を感じる前川氏の花入。
お茶を飲むのが楽しくなりそうな前川氏の作。
レギーナ氏の花入は微妙なバランスを保っていて面白い。浮くイメージだという。
軽やかな雰囲気の茶道具は、お茶を習っているレギーナ氏の作。