展覧会への招待

Exhibition previews & reviews

  • 2009年8月20日~2009年8月26日
  • 吉筋恵治 作陶展
  • Exhibition of YOSHISUJI Keiji / 京王百貨店新宿店 (東京都新宿区西新宿 TEL.03-3342-2111)

 穴窯を使って、個性的な焼締め陶を焼き続けている吉筋恵治(よしすじ けいじ)氏の新作展が開かれている。出品作はどれも、信楽産の黄の瀬土を用いて制作され、工房のある静岡県周智郡辺りの赤松材を使って焼成された作だ。灰の被り方や、自然釉の流れ方が各々違って見えるのは当然として、明るい作から暗い印象の色まで、こんがりと柔らかに焼き上がったものから、激しい窯変となって窯出しされた作品まで、色や焼き上がりの幅はかなり広く、同じ窯での焼成変化とは思えないほど多様だ。
 これらの作は、窯詰めを規則的に、あるいはルーティーンとしては決して行わず、その都度、焼き上がりを計画的に変え、これまでの経験と知識を活かして、次を探し、新しさに挑戦して得られた焼成結果だろう。
 また造形面からいえば、中心となっている出品作は、大壺、花器、鉢などだが、伝統的な、オーソドックスな形態を意識した作がある一方で、この作者らしい不思議な形のものも目にき観客を楽しませている。それらの作の着想は、たとえば農耕具や武具、また古代の銅器など、古い時代のものから得られる場合が多いという。「焼締めはもともと原始の技法だから、古いもののなかから形のアイデアを探し、それによって新しさを表現したい」と作者は考えているのだ。
 そうして辿り着いた焼締め陶の形には、用途の伴わないものもある。たとえば、「弥勒さまの手」「自然釉窯変次郎柿」「自然釉窯変林檎」などの作は、いわゆるオブジェだ。ただ、菩薩の掌などには窪みがあるからそこに水を蓄え、樹の葉や木の実でも置けばシャレた花入になるかも知れない、とは思わせた。ともあれこれらオブジェと器の間を、意識過剰に陥らず、苦にすることなく軽やかに往き来しながら、自由に作っているようにみえる。制作の根底に、もし優れたものができれば、鑑賞するだけの作でもそれを見る誰かの役に立ち、また、安らぎを感じてもらえるかも知れない、という思いが滲むからだ。そういう熱が見る側にも伝わるのだろうか、遠方からわざわざ本展に駆けつけて作品を求めるファンもいるようだった。
 陶産地ではなく、もちろん伝統もない場所で、個人的な創作としての焼締め陶テーマに掲げて焼く作者として、今後の活動が注目される陶芸家のひとりだろうと思った。

 

上左●「自然釉窯変弥勒さまの手」(発表価格=105,000円)は工夫次第で花入としても使えそうだ。他に「薬師さまの手」などの作も発表された。
上右●しっかりと焼き締められた「自然釉大壺」(発表価格=472,500円)には風格が感じられた。

古い武具や馬具などから花入の形を思いつくこともあるという。さて、「自然釉窯変尖形土器」(発表価格=126,000円)の原型は、なんだろう?
「自然釉窯変次郎柿」(発表価格=36,750円)。工房のある静岡県・森町は献上次郎柿の産地として知られており、その柿を焼締めで作ろうとする発想も面白い。
およそ70点ほどの本展出品作は、焼成の変化により様々な装飾的な違いが楽しめる。初日には、遠方から飛行機を使って会場にやって来る熱心なファンもいた。
産地で焼かない短所も長所も感じているが、静岡県で焼締めの仕事を続ける障害や不安はないという作者・吉筋恵治氏。