展覧会への招待

Exhibition previews & reviews

 普段の生活に使われることを制作の目標に置き、声高には個性を主張しようとしない。そして、食卓の上で他の作者が作ったものとも親和力を持って溶け合いながら、自作が活かされることを願う、そんな若手の器作りたちの活躍が、昨今とても目立つようになってきた気がする。本展の作者・清水なお子さんもそういった作り手のひとりだ。
 とはいっても、会場に並べられた新作を見ていると、やはりこの作者らしさが感じられてくる。技法は染付を主体に、鉄絵、それに瑠璃釉による出品だ。長く仕事の中心に位置づけてきた染付は、大学を卒業後、人気作家・藤塚光男氏の工房に修業に入ったことがきっかけになって作りはじめたという。
 展示された染付作品の特徴のひとつは、絵付の模様にある。伝統的な模様を思い起こさせるほど古風ではなく、また絵画的表現に重きが置かれて描かれたものでもなしに、ほどよいのだ。それに多くもなし寂しくもなく筆が入れられていて、優しげな雰囲気を漂わす絵付が共感を呼ぶ。そしてもうひとつの魅力は、釉のほんのところどころに針で空けたような穴と、小さなほくろのような鉄分がぽつりぽつりと認められることだろう。こういうちょっとした作者の装飾に対する美意識によって、これらの作に一層の親しみが感じられる。見る側は控えめで、ふんわりとした端正さが漂う磁器の器から、手招きされるような気にもなってしまう。それに価格はまだとても手頃で、その点での魅力も少なからずある。
 芸術的な表現としての制作を自己のより所とせず、また、料亭など業務用として使われる器のカッチリとした雰囲気とも異なる、いわば作者個人の感覚を重視した現代日本風な器作りは、ひょっとしたら陶芸の将来に新しい活眼を開く可能性があるかもしれない、と思わせる展覧だった。

上左●絵付は多様なイメージをインプットして描く自己流という。爽やかな個性がふわりと感じられる。
上右●1974年大阪生まれ。京都精華大学美術学部で陶芸専攻、卒業後、藤塚光男氏に師事し、2000年に京都・亀岡市に独立した。

初夏の装いを感じる染付の鉢、皿、碗などの新作が並んだ。同会場では3年振りの発表になるといい、初日には待ちわびた女性ファンたちが多く訪れたとか。
染付と並行し、鉄絵の仕事にも精力的に取り組んでいる。持ち前の軽やかさは鉄絵の絵付にもよく現れていて、それに染付の器との相性もとてもいいと感じられた。
使い勝手のよさそうな小鉢、中鉢は、2,625円~5,040円ほど、大鉢でも12,600円。食器棚にあれば使用頻度の高そうな中皿は、3,150円とまだまだお買い得感がある。
家庭ですぐに使えそうなサイズ、形ばかり40種類を越える総点数120点ほどの出品となった。瑠璃釉の作品は昨今新たに取り組んでいるものだ。