展覧会への招待

Exhibition previews & reviews

  • 2009年4月 8日~2009年4月18日
  • 佐藤和彦 陶展
  • ギャラリー田中 (東京都中央区銀座 TEL.03-3289-2495)

 土の質感をことさら強調しながら、他方、都会的な薫りのするデザイン性を打ち出した造形と装飾の、いわば"ミスマッチ"が魅力となって響き合う作を作り続けて定評のある、佐藤和彦氏の新作展がはじまった。
 もとはといえば、机上のデザインとは異なり、自らで触れ、削り、磨くことのできる陶芸に魅力を感じ、さらに、土に固有の質感を用いて表現することを創作のテーマとしてきた作り手だけに、その"ミスマッチ"も奥深く堂に入っている。
 本展出品作でいえば、素地土がちらちらと覗き見える程度に白化粧を施しておきつつ、その上から幾何学的な模様を描き、一部を透明感ある美しい青釉と金彩で装飾していく。いわば都市と山村が出会ったような、あるいは、機械と人間が手を握るような、暖かく冷たい不思議で独特な雰囲気を陶で作って見せていくのだ。また造形的な特徴としては、直線と曲線が混在した手捻りの魅力にあり、とくに壺や花入などの口作りには個性が現れている。それら口を仔細に見ていくと、直線と土を引き剥がした跡のような、ふたつの要素の切り口が重なった面白さがそこにある。......プラスとマイナス、熱さと冷たさなど、相反するものをひとつの作にまとめて一体化させ表現する佐藤陶芸の魅力は、本展においても遺憾なく感じることができ、興味深かった。
 なお、この作者にしてはめったに見られない半磁器土を用いて作られた小品が、およそ20点ほど出品されていて衆目を集めていたことも記録しておきたい。それらの作の今後の展開については未定ということだった。
上左●相反する要素が一体化し微妙な均衡をとる「青釉金彩壺」 

上右●「青釉金彩茶碗」。本展のテーマのひとつにもなった青釉は、ガラス質の透明感がありとても美しく感じる。

本展会場には、土ものの作がおよそ50点、半磁器土の作が約20点ほど出品されていた。
「青釉金彩筒蓋物」(発表価格36,750円)は、はじめて試みる半磁器土による作だった。
素材感を押し出しつつデザイン性も伴う「青釉金彩皿」(31,600円)は個性的で洒落ている。
なぜ磁器土を使ったかを作者に問うと、「たまたまそこに土があったからだよ」と煙に巻かれてしまった……。