展覧会への招待

Exhibition previews & reviews

  • 2008年12月 9日~2008年12月15日
  • 木村芳郎 陶展 胎動
  • 日本橋三越 (東京都中央区日本橋室町 TEL.03-3241-3311)

 碧釉と名付けられた、美しいブルーの釉を使った作でよく知られている木村芳郎氏が、新作個展では一転、陶の阿吽像を作って発表し、新境地を拓いた。幼少期に鎮守の社で見た一対の古い守護獣が、長く心の奥に引っかかっており、それが今回の形に結びついたらしい。
 制作方法は、スケッチやエスキースなどは作らず、イメージだけを頼りに、いきなり土を積み上げて作っていくのだという。そういう点から、これまでの皿や鉢とは違った造形力やバランス感覚が求められる制作だと思われるが、阿吽像として破綻なくまとめられており、作者の仕事の領域の広さを、さらには感覚の鋭敏さを示して知らせる展覧ともなっている。
 会場内の作品を仔細に見ると、不思議なことだが、巨大なサイズのものよりも、むしろ中・小サイズの作品に、陶の塊だけが発することのできる、特有な粘るようなエネルギーを強く感じるような気がした。また、観覧者の評判も上々のようであり、多くの作が売約済みとなっている。
 なお、この陶の像の仕事は今後継続する予定はなく、本展での一回限りとなるらしい。
上左●作者・木村芳郎氏。重さが1.9トンもある大作は、滋賀県立陶芸の森の創作研修館で制作された。

上右●金彩の施された作の素地は磁器土だ。

観覧者はそれぞれの思いを作品に重ねて鑑賞していくようだ。
作品はどれも表情が微妙に異なっていて楽しめる。
「阿吽」像。釉薬は織部釉や金彩など5、6種を使い分けている。
こちらは重量が700キロある「阿」像。作者は「これが焼けて自信になった」という。