展覧会への招待

Exhibition previews & reviews

  • 2008年11月21日~2008年11月23日
  • クラフト見本市
  • 台東デザイナーズビレッジ (東京都台東区小島)
「よいものを、長く使い続ける」という当たり前のことが、どこかに置き忘れられつつある世の中。現代社会ではより多くの「消費」者を見つけ刺激するのに長けることに、様々な手法や価値が見出されてきた。
 本展の主催者である(財)クラフト・センター・ジャパンが、全国から優れたクラフト作品を発掘してきて展示し、結び手(バイヤーなど流通を担う人)と使い手に広く紹介しようという、意気に溢れた展示会が開かれた。
 陶磁、漆、木・竹、染織、鉄、ガラスなどを素材とした約50の個人作家や団体らが出品しており、思わず手にとってみたくなるような良心的な、かつ機能的な作りのものも少なくなく好感が持てた。とはいえ、「クラフト」という概念や呼称が消失しかかっている現実のなかで、作品を見ながら、その独自性を主張・普及しつつ、位置と範囲を確保するという難事にも直面しているように思えた。当然、作り手にも流通を担当する側にも、情熱を持っているがために危機感や問題意識を抱える人もあって、意見を交換し合う「語る会」も同会場で企画され、意義深かった。
 優れたものの持つ普遍性と道具としての丈夫さや機能性、合理的な価格付けなどが、比類のないクラフト作品の特異性となるように感じられた展覧だった。
左●東京・品川で漆器を制作する田中勝重氏の作品。右●クラフトの現状と将来を「語る会」が、展示会場の一隅で開かれ意見交換が行われた。
八木一夫+山田光によってはじめられた門工房。超ロングセラーの急須も出品されていた。
出品者の3割ほどが、木・竹を素材とした作での出品。
洋風な部屋でも抵抗なく使える水野博司氏の急須。
本展の主会場は元・小学校の体育館、現・台東デザイナーズビレッジのスペースが充てられた。