展覧会への招待

Exhibition previews & reviews

  • 2009年4月18日~2009年6月21日
  • 伊藤公象 1974-2009
  • 茨城県陶芸美術館 (茨城県笠間市笠間 TEL.0296-70-0011)

 伊藤公象氏(1932-)は石川県・九谷の窯元に弟子入りの後、茨城県・笠間に工房を構えた当初は、器のデザイナーとしての仕事を模索していたという。その後はいったん陶芸から離れたが、70年代のはじめからは素材を陶に限定し、土の性質を巧みに作品に取り入れたシリーズを次々と発表、器作りにとどまらない陶の造形や、陶のインスタレーションなどの分野に新たな地平を拓いた作家として知られている。
 生の陶土に力を加えると、どんな形にも変形させることができる可塑性という性質に着眼した「多軟面体」、生土が乾燥の過程で収縮することに注目した「褶曲」、また凍った生の土をそのまま焼成し、氷の結晶を土に移して見せる「起土」などが代表的なシリーズだ。また作品は、建築装飾やパブリックアートとして制作される点においても、実用としての器や室内鑑賞品としての領域に安住せずに制作を続け、それを長く意識し実践してきた作家ともいえる。
 本展は35年間におよぶ作者・伊藤公象氏の創作の全貌を俯瞰することのできる回顧展であり、加えてこのために新作も制作され、インスタレーションされるという。陶芸家としての作者の再評価、あるいは新たな議論が起こる展覧になることなどが期待される注目展といえるだろう。
上左●「土の襞 青い陶結晶」2007年 上右●「アルミナのエロス(白い固形は......)」1984年 東京都現代美術館蔵 撮影:内田芳孝

 

 なお同展の関連行事として以下が予定されている。

■美術講演会(対談):2009年5月10日 伊藤公象×竹内順一(茨城県陶芸美術館館長) 茨城県陶芸美術館
■伊藤公象 ワークショップ(予定):2009年4月26日、5月30日  茨城県陶芸美術館
■本展巡回予定:2009年8月1日~10月4日 東京都現代美術館 TEL.03-5777-8600(ハローダイヤル)