陶芸家アーカイブ・ギャラリー

Digital Archives of Ceramic Artists & Potters in Japan

「志野大壺」H30.6 W34.0㎝ 2005年
  • 加藤 孝造
  • KATO Kozo
  • 1935年/岐阜県生まれ
  • 岐阜県
  • 展覧会のお知らせへ展覧会のお知らせExhibition
  • 取材記事へ取材記事Editorial Report

アトリエ・ノート(メッセージ) Message from the artist

プロフィールProfile

1935年  岐阜県に生まれる
      少年時代に絵画・彫刻を学ぶ
1953年  光風会展(洋画)に初入選
      岐阜県立多治見工業高校卒業
      岐阜県陶磁器試験場で加藤幸兵衛に指導を受ける

1954年  第10回日展(洋画)で最年少で初入選
1955年  岐阜県陶器期試験場工芸科主任技師の頃から進路を陶芸に固める
1959年  現代日本陶芸展(朝日新聞社主催)に初入選
      ニューヨークで初個展(ボニエル工芸店)
1962年  日本伝統工芸展に初入選
1963年  朝日陶芸展に入選・入賞
1966年  日本工芸会正会員となる
1967年  朝日陶芸展で優秀賞受賞
1968年  第15回日本伝統工芸展で優秀賞受賞
1969年  第1回東海伝統工芸展で最高賞受賞
1970年  岐阜県陶磁器試験場を退職し、多治見市星ヶ台に独立
      同年、来訪した荒川豊蔵の助言で穴窯築窯を決意
1971年  星ヶ台に半地上式単室穴窯を築く
      日本陶芸展に推薦招待出品
      朝日陶芸展審査員となる
      個展(丸栄・名古屋)
1972年 個展(日本橋三越・東京/髙島屋・大阪)
1973年  可児市久々利に穴窯と登窯を築き、桃山陶の技術追求に努める
1975年  中日国際陶芸評議員となる
1983年  第1回加藤幸兵衛賞受賞
      東海伝統工芸展鑑査員となる
1985年  日本陶磁協会賞受賞
      岐阜日々新聞社賞教育文化賞受賞
1986年  中日国際陶芸展審査員となる
1988年 作陶30年記念展(髙島屋・大阪/日本橋三越・東京/松坂屋・名古屋)
1990年 美濃陶芸協会会長に就任
1994年  東海テレビ文化賞受賞
1995年  岐阜県無形文化財技術保持者〈瀬戸黒・志野〉に認定
1998年 岐阜県芸術文化顕彰、中日文化賞を受賞
1999年 可児市の陶房に「風塾」を創設する
2003年 織部賞にて知事賞を受賞
2005年 地域文化功労者文部科学大臣表彰
2007年 紺綬褒章受章
2009年 平成20年度日本陶磁協会賞金賞受賞
  2010年 瀬戸黒の技術で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定
 


 

アーカイブ点描 (コラム) Column